花粉でコンタクトが痒い時の対処法。ゴシゴシ洗いはNG!

この記事の所要時間: 656

冬が終わり春は楽しみな反面、コンタクトレンズをしている人にとって厄介なヤツが飛んできます。そう、花粉。

毎年この時期は、花粉によりコンタクトレンズのトラブルに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

私もアレルギー持ちのコンタクトレンズユーザーで、目のトラブルと格闘歴はや15年^^;

そんな私が花粉の時期のコンタクトレンズトラブルの予防と対処法、そしてさらに症状を悪化させてしまう、絶対やってはいけないことを書いていきます。

花粉によるコンタクトレンズトラブル

春先に目のかゆみ、痛みなどのトラブルを経験された方も多いのではないでしょうか。

通常私達の目はごみやほこりなどの異物が入った場合、涙が洗い流してくれています。

ですがコンタクトレンズをしている場合涙の洗浄作用が落ち、目の中に汚れが残ってしまいます。コンタクトレンズにはたんぱく質などの汚れがつくのですが、それに加えとんでくる花粉が付着してとても汚れてしまいます。

汚れたレンズを長時間装着していることにより、アレルギー性結膜炎を起こし、まぶたにぶつぶつができることもあります。かゆみや痛みをともない、最悪の場合失明してしまうこともあるんだとか。

花粉で失明とは怖すぎですね!

経験上、アレルギー性結膜炎は一度発症すると何度も繰り返します。私も何度も経験しているのですが、若いころは何とか自力で治そうとして、その結果さらに重症化させてしまいました。

コンタクトレンズをゴシゴシ洗わない

花粉汚れは非常に落としにくく、普段のケアできれいにしているつもりでも汚れは残っています。目に見えないのでわからないのですが、確実に汚れが蓄積されアレルギー性結膜炎の原因になります。

コンタクトのケアをする時は、すぐこすり洗いをするとコンタクトに花粉をこすりつけてしまい、さらに落としにくくなってしまいます。一度すすいでからこすり洗いをすると落としやすくなります。

ケアの仕方を見直す

普段使っている洗浄液も見直してみましょう。有名なオプティーフリーなどの『MPS多目的タイプ』より、『過酸化水素タイプ』の方が洗浄力は強いです。

その中でも比較的安価でしやすいエーオーセプト クリアケアは、6時間つけておくだけで花粉やたんぱく汚れの除去ができるのでおすすめです。しみるかもしれないので、装着前に普段の洗浄液ですすぐことをお勧めします。

目の中を綺麗に洗いすぎてもだめ

目についた汚れを落とそうと水道水やシャワーなどで目を洗いすぎると、目を保護している必要な成分も洗い流されてしまいます。

目の中を綺麗に洗うような専用の洗浄液も発売されていますが、同様に使いすぎると必要な成分が洗い長されて、ドライアイや角膜に傷がつくなどのトラブルが起きてしまいます。

アレルギー性結膜炎になってしまった場合、洗うことでアレルギーが治ることはありません。それどころかドライアイなどの原因になり、結果コンタクトが汚れやすくなりアレルギーが重症化するという悪循環になります。

洗いすぎには注意しましょう。

市販の目薬を使っても治らない

何度も眼科に行くのも面倒だし恥ずかしいので、市販の目薬で治そうとしたことがありましたが、1000円以上する高いものを使っても全く効果がありませんでした。

1000円以上する市販薬を買うくらいなら、眼下を受診して確実に治すべきだと思い、バカバカしくなって使用をやめました。

市販の目薬には防腐剤が入っているものもあり、角膜を傷つける原因にもなってしまうそうです。安易に市販の目薬を使ってしまうと、さらに悪化させてしまうかもしれません。

花粉の時期のコンタクトトラブル予防と対処法

私が花粉の時期に試した方法の中で、効果があったと思う方法を挙げていきます。

メガネにする

花粉が飛ぶ時期だけでも、メガネにしてみましょう。コンタクトによるトラブルは、当たり前ですがなくなります。

と、口では言えるものの、実際メガネにするのは抵抗がある方も多いと思います。

私もダサくなる、見た目が変わるなどの理由で、コンタクトの使用を中止するのは憂鬱でした。コンタクトを使い続けたいのであれば、次の方法があります。

ワンデーコンタクトにする

花粉の時期だけでも、ワンデータイプのコンタクトレンズにしてみましょう。汚れがついても、ポイっと捨てればお終いなので、とても手軽で便利です。

ワンデーは価格が高いという理由で敬遠している方もいるかと思いますが、昔に比べずいぶん価格が下がりました。眼科で買うと高いワンデーコンタクトも、通販だと3か月分で7900円~1万2000円程度で購入できます。もちろん、通販でも品質は同じです。

目のかゆみなどのストレスや眼科に行く手間・交通費・医療費などを考えると、花粉が多い3月~5月だけでもワンデータイプにすることで有意義な春を過ごすことができるのではないでしょうか。

ワンデーコンタクトの中でも、汚れのつきにくい『非イオン性』のレンズがおすすめです。

有名なものでは、フォーカスディリーズアクアや、ワンデーアキュビュートゥルーアイが非イオン性になっています。

フォーカスディリーズアクアは90枚入れが2箱で7000円程度で、ワンデーコンタクトとしてはとても経済的です。

ちょうど3か月分なので、花粉の季節である3月~5月で使うと目のトラブルを予防することができますね。

私の場合はお医者さんに勧められたというのもあり、ワンデーアキュビュートゥルーアイを使っているのですが、乾きにくく装着しているのを忘れるくらい快適です。

コンタクトトラブルかなと思ったら

コンタクトを装着していて目のかゆみ・ゴロゴロ感・痛みなどを感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。自力で何とかしようとしないこと(私のように)

目のアレルギーを発症してしまうと、放っておいても治ることはありません。それどころか知らないうちに重症化したり、目のトラブルを発症しやすくなります。最悪の場合失明の可能性もあるそうです。

眼科にかかると、アレルギーの症状をおさえる目薬を処方されます。目薬を差すときはコンタクトの利用を中止しなければいけませんが、ワンデーコンタクトであればしても良いと言うお医者さんもいます。

おっくうがらずに眼科に行ってみてください。スッキリしますよ^^

まとめ

コンタクトを利用している人にとって、花粉の飛散は本当にやっかいな問題ですよね。

今回お話しした対処法は、やはり春先に多い黄砂やpm2.5対策にも有効な手段です。春先は空気がとてもよごれているんですね^^;

きちんと対策をして、お花見やイベントなど春を楽しめるとよいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です