どっちを選ぶ?どっちがオトク?『麦とホップ』絶対もらえるキャンペーン

この記事の所要時間: 523

今月(2017年6月)からの酒税法改正により、“ビールの値上がり”という、我が家の治安(家計)をも揺るがす事態となりました!!

それでも毎日の晩酌はやめられません。*´з`)♪
値上がりした分、何か別の形でオトクを得たい……。そう考えて今、日頃愛飲中の発泡酒で実施中のキャンペーンに応募をするべく、缶に付いているシールをせっせと集めています。

ボクが毎晩お世話になっている発泡酒が、『麦とホップ The gold』。
今、こちらの商品で実施しているのが、「選べる!2つの特別な麦とホップ プレゼントキャンペーン」です。

『麦とホップ』キャンペーン応募方法

このキャンペーンは、350ml缶と500ml缶、それぞれに付いているピンク色のシールを集めて応募をする仕組み。

シール48枚で応募をすると、“素材と製法を極めた特別な麦とホップ”という……『麦とホップ The gold 贅の極み』(350ml)×2缶がもらえます。

また、96枚を集めたときの景品は、同じ『麦とホップ The gold 贅の極み』×6缶か、あるいは“酵母を無濾過のまま瓶詰めした特別な麦とホップ”という……『麦とホップ にごり瓶』(305ml)×2瓶と、オリジナルグラスがもらえる企画です。

シールはどの缶でも一律

応募シールは、350ml缶でも500ml缶でも点数の区別はなく、1缶につき1枚。

……と、いうことは! キャンペーンシールを集めている間は、コスト的に考えても、350ml缶を買っていくのが正攻法です。

1日2缶ペースなら24日間で応募可能

ボクがこのキャンペーンを知ったのが、2~3週間前。

本日時点(6月8日)で、まだシールは9枚です。応募締め切りの7月18日までは、残り40日ほど。

今日から1日×2缶のペースを飲んだ場合……48枚までは到達しても、96枚までは微妙ですね。キャンペーンは1ヶ月以上前から実施していたようなので、もっと早く知るべきでした……。

景品(発泡酒)の価値は1缶2,000円前後!

48枚での景品価値

キャンペーンの景品は、一体どのくらいの価値(価格相当)の「逸品」なのでしょうか。

48枚分の景品、『麦とホップ The gold 贅の極み』をもとに試算してみます。

対象商品の『麦とホップ The gold』は、お店により多少前後はしますが、1缶あたりは少なくともボクの近所では110円くらいです*)。

110円でシールは1枚。=48枚では5,280円。景品は2缶セットになりますので……

『麦とホップ The gold 贅の極み』は1缶あたり、2,640円です!(地方により、また時期により異なると思います。)

96枚での景品価値

一方、96枚で応募をした場合、『麦とホップ The gold 贅の極み』を選ぶと6缶セットがもらえます。

その場合は、110円×96枚=10,560円÷6缶で、=『麦とホップ The gold 贅の極み』は1缶あたり、1,760円

応募シールの点数が増えると、景品価値は下がっているようですね(笑)。

いずれにしましても、1缶あたりで試算しますと、かなり高級な発泡酒になります。1滴1滴、大切に味わいましょう……(*◇*;)

過去の「絶対もらえる」キャンペーン戦利品

ちなみにかつて、ボクはもうひとつ、「絶対もらえる」キャンペーンに応募をした経験があります。

若かりしとき……ボクは『ザ・プレミアム・モルツ』を「箱買い」していました。「家飲み」が好きなのは今も昔も変わらず、です。

とにかく毎晩、自宅でビールを浴びていたボクは、当時の「絶対もらえる」キャンペーンの景品、クリーミーな泡が堪能できるビールサーバーを楽々と手に入れました。

あくまで個人的な感想ですが、自宅でサーバーから飲む場合、そのクリーミーな泡も、自力でゆーっくり、少しずーつ、丁寧に注いでいかなくてはならず、ボク自身はグラスに注がれるまでの時間が長く、長く感じて……。

おそらくボクの使い方が上手でないだけでしょう。サーバーのノズルを詰まらせてしまうことも多く、結局は、缶からダイレクトにグラスに注いて飲むようになっていました。

サーバーを生かすのは使い方と、使い道

当時のサーバーは、まだ我が家にちゃんと健在です。ときどき、自宅に友人を招いたときの「最初の1~2缶」で稼働。飲み会の冒頭、「ムード作り」としては、なかなか心意気のある演出になります。

ちなみに、商品デザインが再現されたそのサーバーは、『ザ・プレミアム・モルツ』の缶しか、セットができない構造になっています。ご注意を。

「絶対もらえる」キャンペーンは、ほぼ常にある

ビールや発泡酒では、応募シールなどを集めれば景品がもらえるキャンペーンが、常に何かの銘柄では実施中。最近の、ほぼすべてのキャンペーンが、応募をすれば景品が「必ずもらえる」ようになっています。

いつも愛飲中の銘柄でキャンペーンを待つか、または、魅力的なキャンペーンが実施されている銘柄を、都度選ぶか……。ご自身の晩酌事情で検討してみましょう。

まとめ

『麦とホップ The gold』の「絶対もらえる」キャンペーンでは、景品を『麦とホップ The gold 贅の極み』を選ぶ場合、集めるシールが48枚だと2缶セット、96枚では6缶セット。

2倍のシールを集めれば、もらえる缶は3倍になります。

96枚の景品を目指すのであれば、「箱買い」をして一気にシールを稼ぐのが一番の近道でしょう。ただし、その場合、目の前にたくさんある分、一晩に飲んでしまう量が増え過ぎないように気を付けなくてはなりませんね。

ボクは箱買いしてしまったら、普段の「1日×2缶」のペースを守れる自信はありません。6缶パックごとに買って、コツコツと参ります。

この記事を書いた人

パンダパパ
パンダパパ
ライター歴は約20年。20代は東京中を取材で駆け回る。テレビCMの構成やチラシ・パンフレットの制作も手掛ける。一人息子を「子分」として携えて出掛けるのが楽しくて仕方ない。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 私も知ったの少し前でした。
    出来る限り、買ったのですが足りずに、空き缶捨て場でゲットしてきました。
    でも、麦とホップ人気なくって、結構大変でした。

    • みのむし様

      コメントありがとうございます!

      結構たくさん集めないといけないので、大変ですよね^^;
      無事応募できたようで、よかったです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です