税金がクレジットカードで払えなくてもポイントをもらう方法

この記事の所要時間: 834

毎年忘れたころに送られてくる税金支払いの振込用紙。ちょっぴりテンションが下がったりしますよね^^;

固定資産税、自動車税、市県民税、個人事業主や会社を運営している方だと、国民年金などなど。

クレジットカードで支払うことができれば現金を準備する必要がなく、しかもポイントが付くのでうれしくなるかもしれませんが、クレジットカード払いに対応していない地域もたくさんあります。

税金のクレジットカード払いに対応していない地域では、損をするしかないのでしょうか。

クレジットカード払いに対応していない地域は損!?

都会の方は税金のクレジットカード払いに順次対応しているようですが、私の住む山口県では2016年11月現在まだ対応していなくて、口座振替か現金払いのみとなっています。

税金のクレジットカード払い対応は、かなりの地域差があるようです。

税金がクレジットカードで払えなくてもクレジットカードのポイントをもらう方法

税金の支払いがクレジットカードの対応していなくても、クレジットカードのポイントをもらう方法があります。

それは、電子マネーのnanacoを使うことです。

nanako5

電子マネーのナナコにクレジットカードでチャージ(入金)すると、チャージに使ったクレジットカードのポイントが付きます。
※ポイントが付かないカードもあるので注意!nanacoチャージでポイントが付くカードはこちら

そのチャージしたnanacoカードを持ってセブンイレブンに行き税金を支払えば、間にnanacoを挟んでクレジットカードで支払いをしたことになりますね!

nanacoのポイントはお買い物をした時にもらえるので、税金の支払いではnanacoポイントはもらえませんが、チャージをしたクレジットカードのポイントをとることができます。

しかもこの方法は手数料がかかりません。クレジットカードで税金の支払いをしようとすると、決済手数料というのが1万ごとに73円かかるのですが、このnanacoを使った方法だと手数料は0円なのです!

普通にクレジットカードで税金を支払うよりお得でポイントまでもらえてしまう、とても賢い方法なのですね。

nanacoにクレジットカードでチャージする方法は、こちらの記事に書いています。

クレジットカードでnanacoチャージする方法と注意点

2016.11.14

nanacoとは?

ご存知の方も多いと思いますが、nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループのお店で使える、キリンのキャラクターがかわいい電子マネーです。

現金でお店のレジに行ってチャージする以外にも、クレジットカードでチャージもできるんです。

後述しますがクレジットカードでチャージする時、ポイントがもらえないカードもありますので注意してくださいね。

nanacoの登録のしかた

nanacoはカードタイプどモバイル(おサイフケータイのようなfelica)タイプがあります。どちらのタイプも必要事項を記入すればすぐに登録できます。

自分に合う方を選ぶとよいですね。

nanacoカード

セブンイレブンなどナナコカード入会を受け付けているお店に行って、店員さんに入会したい旨を伝え、申込用紙に記入して即日発行となります。

発行手数料が300円ほど必要になりますが、お店によって手数料分ポイントでキャッシュバックキャンペーンをしている時もあります。

★参考サイト:nanacoカード入会案内

nanacoモバイル

おサイフケータイなどのFelica対応の携帯電話であれば、公式サイトよりアプリをダウンロードして必要事項を入力すれば登録完了です。

手数料はかかりません。

★参考サイト:nanacoモバイルって?

nanacoで税金支払いのしかた

おうちに届いた税金の支払い用紙と、クレジットカードでチャージ(入金)をしたnanacoカードまたはnanacoモバイルをもって、セブンイレブンに行きnanacoで支払いをします。

お買い物をした時と違いnanacoポイントはもらえませんが、nanacoカードにチャージした時クレジットカードのポイントが付くのでとてもお得です。

nanacoで税金を支払う時のデメリット

とてもお得で便利なこのnanacoを使って税金を支払う方法、デメリットはあるんでしょうか。

事前に設定が必要

nanacoカードでクレジットカードチャージができるようにするには、事前にnanacoに支払いで使いたいクレジットカードを登録しておく必要があります。

別記事の『クレジットカードでnanacoチャージする方法と注意点』にやり方を詳しく書いているので、参考にしてください。

10万円以上支払いは少し面倒

nanacoの支払い限度額は最大で10万円です。それ以上の金額の支払いは、現金で支払うかnanacoカードをもう1枚準備することになります。

nanacoで10万円以上の支払いをしたいときは、『nanacoカードで5万円以上、10万円以上の税金を支払う方法』を参考にしてください。

一括で前納した方がお得な場合もある

国民年金や健康保険料などは、数カ月~1年分を前納した方が割引されて安くなる場合もあります。

前納できるものは、余裕があれば前納も検討してみましょう。

nanacoで税金を支払うメリット

nanacoで税金や公共料金を支払うメリットは何があるんでしょうか。

クレジットカードのポイントがたくさんもらえる

nanacoで税金を支払うメリットはなんといっても、ポイントが大量に取れることです。

ナナコで税金を支払ってもnanacoポイントは付きませんが、その税金を支払う分をクレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイントがもらえます。

例えば月に2万円の支払いをした場合、1年で計算すれば20000×12=240000円。

1%のポイントが付くクレジットカードであれば、240000×0.01=2400円もポイントがもらえます!

年間の出費をかなり抑えられますね。

nanacoに現金でチャージしてしまうとこのポイントはもらえないことになるので注意してください。nanacoはクレジットでチャージがとてもお得です。

手数料が無料

セブンイレブンに行ってnanacoで税金や公共料金の支払いをしても、手数料はかかりません。

クレジットカードで税金を支払う場合手数料がかかることが多いのですが、nanacoで支払うと手数料がかからないうえにポイントが付くので、節約に大いに役立ちます。

nanacoチャージでポイントが付くカードは?

ナナコチャージができるクレジットカードはたくさんあります。

nanacokurezitto

ですが、ほとんどのカードがポイントが付かなかったり、もらえるポイントが少なかったりします

nanacoチャージをする前に、ポイントが何ポイント付くか確認することが大切です。

nanacoチャージで一番お得なクレジットカードはどれ?

nanacoチャージでポイントが付くカードは別記事『nanacoチャージにおすすめのクレジットカードはどれ?』に詳しく書いていますが、その中で特におすすめカードは『リクルートカード』と『楽天カード(JCBのみ)』です。

リクルートカード

リクルートカードは、ポンパレなどのサイトで有名なリクルートホールディングスの提供するカードで、人気急上昇中のクレジットカードです。

rikuru-toka-do7

なんといっても特徴はもらえるポイントの多さで、100円利用にき1.2ポイントという、年会費無料カードの中ではかなりの高還元率です!

年会費が無料なので気軽に持てるのに加え、もらえたポイントは『ポンパレモール』などのリクルートが提供するサイトで使えます。

最近はリクルートポイントとPontaポイントが提携して、Pontaポイントに移行すれば、ローソンやケンタッキーなどのポンタ提携店でも使えるようになりました。“ポンパレとかあまり使わないんだけど…”という方でも、ポイントを無駄にすることがなさそうですね。

>>リクルートカードは詳しくはこちらから見られます。

楽天カード(JCBブランドのみ)

CMでも有名な楽天カード、JCBブランドであればnanacoチャージ100円につき1ポイントがたまります。

rakutenka-do3

※写真はVISAブランドのものです

楽天市場でよく買い物をする人は持っておきたい1枚ですね。

最近はドラッグストアやガソリンスタントなど街中でも使えるお店が増えてきたので、ますます便利になりました。

楽天系列のクレジットカードは楽天プレミアムカードなどいろいろありますが、JCBブランドであればどのカードでもnanacoチャージでポイントが付きます。

>>楽天カードは詳しくはこちらから見られます。

税金はクレジットチャージのnanaco支払いで決まり!

税金がクレジットカード払いに対応していないから損だなと思っていましたが、意外にも近所のセブンイレブンで支払いができて、しかも手数料が無料ということに驚きですね!

クレジットだと現金を持ち歩かなくてよいので楽ですし、ポイントが大量につくので家計の節約にも役だちます。

nanacoチャージにはポイントがたくさんつくリクルートカードがおすすめです。今お使いのクレジットカードを見直すのも、賢い節約術ですね。

税金はnanaco支払いでどんどんポイントを貯めましょう!

>>リクルートカードは詳しくはこちらから見られます。

↑↑↑上のリンクより、登録や詳細確認ができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です