iPhoneアプリのマネーフォワードの予算設定が進化!さらに貯蓄がしやすくなった!

この記事の所要時間: 439

先日の日曜日、iPhoneアプリのマネーフォワードでアップデートがあり、予算設定がさらに進化しました!
一部始終と使ってみた感想を書きたいと思います。

今までの予算設定

今までは『家賃が○○円』『食費が○○円』と、個別の費目の金額を設定しするだけでした。

例えば、食費が40000円と設定しておき、5000円の食料品の買い物をすれば、『今月使えるのはあと35000円です』と月単位の残高が表示されます。

これはこれで便利ですが、今週は食費何円で頑張ろう、など週単位の予算は設定されませんでした。
また、今月貯金できるのはいくらかなどがわかりにくく、記録するにはとてもいいけど、家計簿の最大の目標である『貯蓄を増やす』という目的ではちょっと使いにくいなと感じていました。

新しい予算設定

月単位で残りの予算が表示されていたのが、週単位で表示されるようになりました。

週単位の予算

今週使っていい食費はいくらかがすぐ把握でき、買い出し時の買いすぎが防げるようになります。

もう一点、個別の項目の金額設定ができるのは変わらないのですが、収入から予算設定した金額を引き、『毎月貯蓄できるのはいくらか』を自動的に割り出してくれるようになりました

これにより、いくら先取り貯金ができるかという計算がしやすくなります。もし貯蓄できる額が少なければ、無駄遣いがある、または予算に無理があるということがすぐわかり、家計費の見直しのきっかけになります。

Money Forwardは更に【貯まる】家計簿になったようです。

新しい予算設定を使ってみた

新しい予算設定は、4つの画面で分けられています。

予算設定

まず基本設定。
収入と簡単な自分の設定をします。家計を預かっている場合、自分だけの収入でなく、世帯の収入を記入します。

予算設定

項目を固定費と変動費に分けます。
毎月支出額が決まっているのものは固定費、毎月金額が変わるものは変動費。
後で何度でも設定しなおすことができるので、ざっとで構いません。項目のイラストを長押しした後スライドさせる、簡単なドラッグ操作で設定できます。

予算設定

毎月貯蓄(先取り貯金)したい金額を決めます。
次の画面で細かい予算設定ができるので、ざっとで構いません。

予算設定

細かい予算を決めていきます。

予算参考
予算をいくらにするのがベストなのか迷った時は、『あなたと似たユーザー』をタップすると、自分と似た収入・年代の人の平均予算額を見ることができます。
大体の参考にすると家計の計画が立てやすくなります。

予算設定

収入から予算と貯蓄を引いて余りがあれば、貯蓄額を増やすかを聞いてくるので、OKを押して終了します。

設定した貯蓄額と予算が収入に対し多すぎれば、貯蓄額を減らすようになります。

予算から自動で貯蓄できる額を割り出してくれるので、生活や仕事が変わる度に電卓と帳簿をにらめっこしながら予算と貯蓄の計算に奮闘する、ということがなくなります。
予算管理はいつでも変更できるので、実際使ってみて『食費が多いから減らしとこう』や、『幼稚園の月謝が変わったから固定費を増やそう』ということに臨機応変に対応できます。

予算をいくらにするのがベストなのか迷った時は、『あなたと似たユーザー』をタップすると、自分と似た収入・年代の人の平均予算額を見ることができます。
大体の参考にすると家計の計画が立てやすくなります。

予算設定のデメリット

すごくいいなと思ったんですが、さらにここを変えてということがあります。

年単位での予算設定ができない

『4月に車の税金を払う』『12月に車の保険を年払いする』『4月、6月、8月、12月、2月の5期に分けて固定資産税の支払いがある』などの、年単位で決まった支出の予算管理ができません。支払いがあった月だけ、予算外の支出があることになります。

この年単位の支出の予算の登録だけでもできれば、忘れてた自動車税の納税通知書が送られてきてがっくりと肩を落とすということがなくなりそうです。

収入が変動する職種の人は予算設定がしにくい

我が家の主人は残業や休日出勤により、毎月もらえるお給料が変わる仕事をしています。

忙しいときはお給料が多く仕事がないときは少ないため、決まった収入を入力する予算設定では『先取り貯金できる金額はいくらか』が把握できません。
むしろ、貯金を切り崩す月もあります。

これはどの家計簿アプリでも言えることで、アプリを改善するとしてもどうしたらよいかは自分でもわからないんですが^^;
マネーフォワードさん、なんとかなりませんか~♪

仕様が変わった予算設定機能はアリ?なし?

機能が強化された予算設定。
細かくなってめんどくさいと思いそうですが、実際使ってみると直感的に操作ができ、使用説明なども読まずすぐ使うことができました
間違えたり気に入らなければ直後にやり直すことも可能で、気が付いた時にすぐ携帯を操作して予算の見直しができます。

気になっていた貯蓄額も設定できるようになり、さらにいい家計簿になったと思います。
なので新しくなった予算設定、私は断然使うべきだなと思っています。

予算を設定しても実践できなければ意味がないので^^;
無理の予算で確実な貯蓄をしたいと思います。

>>マネーフォワードの登録・詳細はこちらから見られます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です