【Money Forward】マネーフォワードを主婦が使った時のメリット

この記事の所要時間: 454

マネーフォワードは無料で使えるネット型の家計簿。最初に登録したのは3年位前。当時は地元の銀行に対応しておらず、自分で銀行取引分まで入力するのは面倒に感じて放置していました。
それから最近になってふとマネーフォワードにログインしてみると、地元の銀行だけでなく、ポイントサイトにも対応しているではありませんか!!

張り切って使い始めたのが4月。管理しにくいクレジットカード利用情報などが自動で上がってくるので便利です。デザイン的に男性向け?難しい?と思ってしまいそうですが、主婦こそがとても便利に使いこなせるかと思います。

今回は、マネーフォワード使ってよかったところを紹介します。
いいなと思うとこを書いていたらたくさんありました。この記事長いです。

スマホアプリ、パソコンで家計簿が管理できる

mane-6
手書きは時間が取れない、ついついため込んでしまうという人の場合、いつもスマホで管理できるマネーフォワードはとても便利です。
使えばすぐに手持ちのスマホに入力できるので記録し忘れもありませんし、手が空いた時にさっと入力することもできます

私はいちいちパソコンを開いて毎日入力するのが面倒なので、スマートフォンから入力しています。

銀行口座の残高・引き落としがすぐわかる

mane-3

お持ちの銀行口座を登録しておくと、通帳記入しなくても残高が常に把握できます。
引き落とし予定日になると、その日の午前中に引き落としの通知が出るので、記帳に行く必要がなくなります。

口座を登録するには、お手持ちの口座のネットバンキングに登録する必要があるので、各銀行に問い合わせるかホームページで調べてみてください。

クレジットカードの利用分がわかる

mane-4

お手持ちのクレジットカードを登録しておくと、自分で使った金額を入力しなくても自動で利用分を取得してくれます。履歴が見られるので、クレジットカードの明細が来てから使い過ぎに気づくということがなくなります。

利用してから請求として来るまでの期間は使ったお店により違うので、使ってすぐ金額が出てくるわけではありませんが、明細が来る前に利用分がわかるので楽に把握できます。
クレジットカード利用分も『食費』『日用品』などのジャンルに自動で振り分け、その月の利用分として計算してくれるので、毎月の支出が現金分とカード分一緒にわかり管理しやすくなります。

クレジットカードを登録するには、お手持ちのクレジットカードのネット明細サイトに登録する必要があります。各カードのホームページで調べてみてください。

もちろん、現金の管理もできる

mane-7

お財布を登録しておくと、手持ちの現金を管理できます。
現金で使った分は、おこづかい帳の間隔で入力すればOK。

振り替え機能がすごい

mane-8

クレジットカード引き落としは口座から減るけど、自動でその月の支出とは計算しないようにしてくれます。
また、『口座からお金をおろしてお財布に入れた』『おこづかいをもらったから口座に預けた』などの管理も一度登録しておけば後は自動でやってくれます。

振替は資産自体が増えたり減ったりしたわけではないので、計算の対象外にしてくれます。
家計簿をつけるときまず最初に迷うのがこの振替の処理。自動でやってくれるのはとても助かります。

レシートが読み込める

レシート読み取り式の家計簿アプリ、ReceReco(レシレコ)と連携させることで、レシートから買ったものの入力ができます。長いレシートにも対応。
マネーフォワードのアプリもレシート読み込みに最近対応しましたが、読み取り精度はレシレコの方がよい気がするので、私はレシレコからレシートは読み込ませるようにしています。

ポイントの管理ができる

登録しておけば、Tポイント、ポンタポインなどの残高も表示されるようになります。
私の唯一登録しているポイントサイト、ハピタスも対応してくれないかなと思っています。

毎日の使った金額がまとめてわかる

現金、引き落とし、クレジットカードの利用履歴がまとめて把握できます。

mane-5

家計簿のカレンダーには、毎日の銀行引き落とし、クレジットカード利用額、現金で買い物をした額がまとめて出てきます。

例えばですが、自動販売機でジュースを買った、電気代の引き落とし、Amazonでおむつを買った、すべてがまとめて表示されます。
これにより毎日いくら家計から使われているかがわかり、無駄に気が付くことができました。

まとめ

ながくなってしまいましたが、マネーフォワードのこの機能はすべて無料で使えます!
有料で使える機能もありますが、必要ないかなってくらい、無料で十分です。

今までは家計簿をつける際、クレジットカードと現金の管理をどうするかいつも悩み、めんどくさくなってやめてしまっていました^^;かといって、クレジットカードは使うのはやめたくない。ネットショッピングの時手数料無料で買い物ができるし、ポイントもたまる。

マネーフォワードはその管理を自動でやってくれるのでとても楽に家計簿を管理することができるようになりました。

マネーフォワードのコラムによると、家計簿を長続きさせるコツは、1円単位で帳尻合わせすることをやめることだそうです。

家計簿の本には『±10円くらいなら気にしない』と書いてあったので、私は残高合わせは月1~2回、±1000円くらいならセーフというルールを作り、ゆるく続けることにしました。
2か月目が終わろうとしていますが、今のところいやになってきてはないし、続けていこうと思います。

>>マネーフォワードの登録・詳細はこちらから見られます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です